Home > 松浦一の蔵 > 蔵元の挨拶

蔵元の挨拶

蔵元写真

「手作りのまごころ生きるうまい酒」をモットーに

それは日本の文化であり、郷土の文化でもあります。
ふるさとの気候・風土・人情。その地に合ったそれぞれの独特な味わいがあります。

伊万里は、佐賀県西部に位置し、昔から陶磁器の輸出港として栄えました。
三方を山に囲まれ、山水画を想わす秘窯の里・大川内山。
海のシルクロードとして遠くヨーロッパに通じ、また、今なお生きた化石といわれるカブトガニが生息する伊万里港。
山里には梨や葡萄など、豊富な果物がいっぱい。
このような素晴らしい自然に恵まれ、松浦一は生まれます。

九州一の名水・有田泉山白磁の湧水
磨かれた酒米
杜氏歴50年の井上杜氏の技
そして松浦一の守り神が見守り続ける中、「手作りのまごころ生きるうまい酒」をモットーに、
自然の恵み・人の心が活かされた酒造りに精進して参りたい…

松浦一は創業300余年。
これからもふるさとの文化、自然の恵み、先人の教えに感謝し、常にご愛飲いただく皆様のニーズに応え、心豊かに酔える酒を造り続けて参ります。

松浦一酒造株式会社代表取締役社長(蔵元) 田尻泰浩

#

蔵の風景・入口2

Copyright©松浦一酒造株式会社